ご報告   

2006年 08月 25日

昨日午後3時50分、シロが虹の橋に行きました。
シロに温かい声をかけて下さった皆様に心よりお礼を申し上げます。

先週金曜日、朝の散歩からいつも通りに帰った直後に倒れてから1週間、
ずっと寝たきりになっていました。
元々心臓が悪くなっていたのですが、おそらく脳梗塞のような形で四肢に麻痺が出たのではないかとの事でした。
本人は身体が動かないのが納得できずにかなりバタバタと暴れていました。
食欲も一旦は戻って夜泣きもしなくなっていたのですが、
それがシロの体力と気力の限界だったようです。
最後は父がそばにいてくれて苦しむ事も無くゆっくりと逝きました。

高齢だったこともあり1週間の介護の間にそれなりの覚悟はしてきました。
一応の気持ちの整理はつけたつもりです。
18年前、冬の寒い日に拾って来た子犬がここまで長生きしてくれるとは思いませんでした。
動物が苦手だった母や妹にとってもいつしかかけがえの無い家族になっていたようです。
家族みんなに愛されてシロも幸せな一生だったと思います。
ありがとう、シロ。

c0064678_1442105.jpg


最後の朝、抱っこの仕方が気に入らなかったらしく指を思いっきり咬まれました。
中指の第一関節のところをザックリやられました。
心が痛いというより指が痛いです。
涙じゃなく血が止まりません。
でもこの指の傷跡はずっとそのままでもいいかなと思います。
[PR]

by kubihuri-shinchan | 2006-08-25 14:34 | ペット | Comments(11)

Commented by ヒデゴン at 2006-08-27 20:13 x
シロちゃん、ゆっくり休んで下さい
会えなくなっちゃうのは寂しいけれど、シロちゃんは沢山の思い出と、愛情を貰ってきっと幸せだったんだと思います

私は、大好きだった愛犬の最後をみとってあげられなかった悔しい思い出があります

最後をみとってあげたお父さん・・・私がいうのも変だけど
ありがとう

Commented by usako at 2006-08-27 23:21 x
shinさん、今晩は。
シロちゃんの事、ビックリしました!!
心臓が悪い事は以前の記事で知っていましたが
元気にお散歩にも行っていたようなので、まだ信じられません。

でもシロちゃんは18歳まで、ずっ~と元気で頑張って来たのだから・・・
ありがとう!!ってお別れは出来ましたか??

シロちゃんは、shinさんの指を何で噛んだのかしら??
もしかしたら『忘れないでよ!!』って、さよなら言ったのかも知れないですね。

シロちゃんは虹の橋を渡ってしまったけれど
これからは橋の向こうで、shinさんの事を見守ってくれますから!!

シロ、18歳まで良く頑張ったね~ゆっくり休んでくださいね。
心からご冥福をお祈りいたします。
Commented by ERI at 2006-08-28 00:29 x
こんばんは。

シロちゃん残念だったですね・・。でも、18年の間shinさんやご家族の方たちの愛情に包まれてきっと幸せな毎日だったのだと思いますよ。シロちゃん、いい家族に恵まれてよかったねぇ。
きっと天国でも元気に走り回っているのでしょうね(^_^)
Commented by kubihuri-shinchan at 2006-08-28 13:01
ヒデゴンさん
家から電話をもらって、その日は早退させてもらいました。
朝から元気がなかったので何となく予感はしていたんですが
その場にいてあげられたらと思う反面、つらすぎるかなとも思ってしまいました。
ここ数年父が一番面倒を見てくれたのでシロもそれでよかったのかな。

usakoさん
本当にシロには感謝の気持ちでいっぱいです。
元気過ぎて振り回された事も多かったですが…
ひょっとしたら咬まれた指に取り憑いてるかもしれません。
最後までやらかしてくれました。

ERIさん
シロもこの1週間はつらかった思いますが、今は元気に走り回ってると思います。
自分が拾って来た犬ですが結局実家の両親と妹にとられてしまった気もします。
でも自分が引き取るよりみんなに愛されて幸せだったと思います。


みなさんに温かい言葉をいただき、シロも向こうで喜んでいると思います。
ありがとうございました。
Commented by at 2006-08-29 11:19 x
遅ればせ……で申し訳ありません。
私からもシロちゃんのご冥福を祈らせてください。

先日は知り合いの猫「クロ」が虹の橋に行きました。
人間よりも寿命の短い動物と一緒にいる限り、
私もいつか同じような苦しみを味わうのでしょう……
それは覚悟していることではありますが。

せめてせめて、出来るだけ長生きしてくれますように。
シロちゃんのように多くの人に愛される人生を提供させてあげられますように。
Commented by kubihuri-shinchan at 2006-08-29 17:34
紫さん
わざわざありがとうございます。
動物と生活するというのはこういう事だとはわかっていて
それなりに気持ちの整理をしたつもりでもなかなかうまくいかないものです。
言われるまでもない事でしょうが宙明くんを大事にしてあげてくださいね。
ねこまんが、また楽しみにしています。
Commented by むっち at 2006-08-29 18:12 x
▼o・_・o▼コンニチワン♪
他人事とはおもえないのです。
家の母が飼ってる犬がシロで犬種がおんなじ紀州犬で17歳ぐらいなんです。おまけに心臓が悪くて、てんかんもちで散歩もよろよろなんです。

シロちゃん冥福を祈ります。
Commented by Model_car at 2006-08-29 23:55
シロちゃんのご冥福をお祈りいたします。

ずいぶんと長生きだったのですね。
家の妻の実家のコロは、15才で逝きましたが、妻のあまりの悲しみ様に私も同じように涙した記憶があります。
(もう13年ほど前のことですが・・・)
別れは悲しいものですが、思い出はきっとたくさんあると思います。
妻の実家のコロの話題は、13年経った今でも家族の会話に出てきます。
今はおつらいでしょうが、いつかきっと思い出談義に花が咲くことでしょう。
Commented by kubihuri-shinchan at 2006-08-30 10:24
むっちさんとこのシロちゃんはもっと長生きできるといいですね。
可愛がってあげてください。

Model_carさん
そうですね、楽しい思い出をありがとうな状態ではあります。
最近は昔話ばっかりしてますね。
ただ、アレにどっぷりハマってるのは一種の逃避行動なのかもしれません。
Commented by muumin at 2006-08-30 21:09 x
こんばんは
まあ、、、知らないこととは言いながらお悔やみが遅くなりました。
お気の毒でございました。
でもたくさんの思い出をありがとうですね。
虹の橋って、とっても良い表現ですこと。
きっと、喜々として走りまわっていますよ。

我がワンコも朝晩薬を飲み続けています。
手術は出来ないそうです。フィラリアでなくても心臓が悪くなる犬は結構居るようですね。
覚悟は出来ていても、当分お寂しいですね。
Commented by kubihuri-shinchan at 2006-08-31 00:44
muuminさん
わざわざありがとうございます。
虹の橋の話は読む度に泣けてしまうので危険なんです。
でもシロはきっと橋に迎えに行ってもダーっと先に走って渡ってしまうのでしょうけどね。

muuminさんのワンちゃんがいつまでも元気でいられますように。

<< ごぶさたミーコです お盆休み >>