人気ブログランキング |

ある日の朝   

2006年 01月 19日

コニカミノルタがカメラ関連事業から撤退だそうです。
初めて一眼レフを使ったのが父親のコニカで中高時代ずっと使っていたんでちょっとショックかも。
その後はコニカもミノルタも見向きもしなかったんですが。




 朝、ホームに滑り込んできた電車に乗った瞬間、
私の目は瞬時に視界の全方向をチェックする。
そして自分が立つべき位置を素早く判断し、慌てず急がず正確に
しかし素早く流れるように移動し、つり革に捕まる。

 電車の加減速に対応すべく床を踏みしめる左右の足。
進行方向に対しどちらを向くか、それにより両足にかかる荷重バランスが変わる。
人間には利き腕があるように利き足もある。
左右どちらの足に体重をかけると楽に立っていられるか。
人はそれを無意識に判断し、長年の経験から電車の中でどちらを向いて立つか、
なんとなくどちらかにかたよっているものだ。
 もちろん混雑具合やどちら側の風景が好きだとか気分によって変わる事もある。
しかし気が付かないうちに、いつも同じ方向で立ったり、もちろん立ち姿勢だけなく
かたよった姿勢の日常生活によって、骨盤や背骨の位置が歪んでしまっているのだ。
そんな身体の歪みを少しでも矯正するためにも、
通勤電車では同じ方向ばかりを向かないようにしたいと思っている。

 しかし、朝の私の行動を決定する最優先事項はそんなことではない。
ずらっと並んで座っているたくさんの乗客。
サラリーマンやOLもいれば学生やお年寄りもいる。
彼等の中で誰が一番早く席を立つか?それこそが最も重要なのである。
 私が乗る駅では乗車率は約100%。ほぼ間違いなく席は埋まっている。
しかし2つ先の駅には大学(仮にB大学としよう)があり、
その後は2ヶ所のターミナル駅がある。
当然ターゲットは大学生だ。しかもこの大学は女子の比率が非常に高い。
若い男は無視してもかまわないと言える。
 ところがこの沿線に住む若い女性が全てこのB大学に通っているわけもなく
当然もっと先の駅で乗り換える人もいれば、私よりずっと先まで乗って行く人も多い。
B大生を見極めることこそが、豊かな通勤ライフが送れるか否かを決めるのだ。

 長年の経験により私は高確率でB大生を見極めるポイントをいくつか発見している。
その日も私のセンサーは的確にターゲットを捕らえたはずだった。
しかし気が付くと私は全く別の女の子の前に立っていたのだ。
 何故だ、何故私はこんな所に立っている?
それは目の前に座っている彼女が最初のターゲットに比べてちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ私の好みだったに過ぎなかった。
 今ならまだ場所は変えられる。
しかしそんな真似は私の米粒ほどもない自尊心が許さなかった。
私は覚悟を決めそこに立ち続けることした。
男が一度決めたことを簡単に簡単に変えていいわけがない。

 3分後、彼女はゆっくりと立ち上がった。
賭けに勝ったのだ。
 
 私は抱えていたリュックを網棚に乗せようと上を向いた。
c0064678_14261357.jpg

頭突きをかましてしまった彼女、ゴメンなさい。
エネルギー充填120%!

by kubihuri-shinchan | 2006-01-19 14:27 | 日記 | Comments(4)

Commented by シロ at 2006-01-19 19:03 x
こんにち▼・。・▼」」」」ーワンワン!!
どうしてかったのですか。?
Commented by kubihuri-shinchan at 2006-01-20 01:13
ありゃ、解りづらかったですか?
つまり、どの人の前に立つと早く座れるか?が自分との賭けというか勝負なんですけど。
Commented by ☆はな☆ at 2006-01-21 12:07 x
ははは☆
わかるわかる。あたしは結婚して今始発の駅なので
座れますが独身の頃は、やってましたよ。
いつも同じ時間に同じドアから乗ると
だいたい顔ぶれも同じなので、覚えちゃいました。
だからその人の前に必ず立ちましたね!!
でもさらにすごい人は、男性がつけてる社章??のマークと
駅を覚えておくらしいです!大手ならわかりそうですよね。
あと、前そんな本も出てたようです。顔っていうか、頭をあげて
目をつぶって寝てる人は、本気寝らしくなかなか降りないらしいです。
どちらかというとうつむいて寝てる人がすぐ降りるらしいですよ~
たまにいびきかいて寝てる人にはびっくりしますが・・
Commented by kubihuri-shinchan at 2006-01-22 00:27
☆はな☆さん
2〜3人すぐに降りる人は覚えていたんですが大学生はそろそろ卒業なんですよね。
春になったら新しい顔を覚えなきゃです。

<< ♪犬はよろこび? プードル >>