封印された過去を暴く1   

2006年 09月 14日

現在は会社に引きこもってデザインなんて仕事をしておりますが
これでも昔は営業マンをやっていた事があります。

時はバブルがはじけた直後、当時勤めていたデザイン会社の仕事も激減し、
生活のためにGデザイナーに見切りをつけて探したのが、石材会社の営業職。
公共工事をメインに土木用の石材を販売する会社でした。

東京支店を新規に立ち上げるところにもぐり込んだのですが
考えてみれば新規事業所ですからお得意先などあるわけもなく、
営業活動は全て飛び込みです。業界も営業も素人なのに。

しかもこの会社、売り物が自然石を使った河川の多自然型護岸工法の設計施工。
それが面白そうでこの会社に入ったのですが、
そんな(当時としては)訳の分からない物が簡単に売れるワケありません。

役所に行って設計に折り込んでもらうように営業するわけですが
そもそも支店長からして役所営業なんかしたことがないって言うんですから
営業を教えてくれる先輩は誰もいませんでした。(営業は支店長と2人きり)
そんな知識もコネもないドシロートをお役人が相手にしてくれるわけがありません。

そんな素人営業マンが仕事を取れる日は来るのか?

〈つづく〉
[PR]

by kubihuri-shinchan | 2006-09-14 18:58 | 日記 | Comments(0)

<< 封印された過去を暴く2 お知らせ >>